仕事

Midworksミッドワークス給与保証80%【python/swift案件も】評判と口コミ・未経験は?面談なし!

更新日:

f:id:zabro_tan:20180214073715p:plain

 

あなた
「フリーランスへの独立転職を考えている中で、フリーランス専門転職エージェント【Midworks】は実際のとこどうなんだろう?」

と思っている方も多いのではないでしょうか。

実際にMidworksに突撃訪問し、中の人にお話をお伺いしました。webだけでは分からない情報がたくさんありました。疑問はすべて解決します。

Midworksに登録しようか、フリーランスになろうかどうしよか、悩んでいる人に、ぜひ読んでもらいたいです。

 

【安心感のある】フリーランス案件紹介エージェント・Midworksの中の人に会ってきた

 

突撃取材
midworks金沢取締役の画像
【midworksの面談って?】python/swift案件も|中の人に詳しく聞いてきた

Midworks(ミッドワークス)ってどんな会社なんでしょう? フリーランス向け案件紹介コンサルタントと言っても、中の人 ...

続きを見る

 

また、フリーのエンジニアになると「収入が4倍・労働時間月20時間短縮」という前例もあるほど、フリーランスエンジニアは稼げると言われています。

しかしその反面、「仕事がなくなってしまうかもしれない」というの不安があるのもフリーランスの特徴です。

 

そんな先の見えない不安から、独立への一歩を踏み出せない人も多いと思います。すごく分かります。

今回は、そんな独立への不安を抱えていてるあなた・フリーランスでさらに収入を増やしたいあなたのための情報です。

 

ポイント

【Midworks】には、もし案件が終わり、次の仕事がなくても給与80%を保証してくれます。

給与保証制度として案件を受注できなくても、スキルが査定と合えば、予想月単価を算出し、その80%を保証してもらえます。

例:30歳インフラエンジニアAWS経験3年の場合、毎月約50万円を保証。

 

また、プログラマなどの技術者の中には、営業が苦手な人もいると思います。

あなた
「フリーランスにはなりたいけど、営業が苦手だからフリーなんて…」

そんなあなたでもフリーランスになれます。

そんなあなたの変わりに【Midworks】のようなフリーランス向けの転職エージェントがあるんです。

あなたに変わって営業をしてくれるおかけで、あなたはプログラムに専念し、プライベートな時間を作ることも可能です。

今の時代はフリーランスでも

「営業職は、営業マンに」「技術職は、技術者に」

任せてしまう時代なんです。

詳細は下のボタンから、Midworks公式サイトでチェックしてみてください。

またすでにフリーランスで働いている人でも、Midworksに無料登録することはできます。

むしろ登録しないと大きな収入を逃し大損してしまうので、必ず登録することをおすすめします。

Midworks公式サイトへ⇒

 

では【Midworks】を実際に利用している人の口コミを見てみましょう。

Midworks参画者の口コミと評判

相馬さん (28歳男性) Web開発・Rubyエンジニア・常駐

midworks参画者の口コミと評判の画像

Midworksで独立してから半年、スキルと年収が大幅に上がりました。

Midworksに参画して半年です。現在は正社員時代と同じ事業で運用開発をしています。

新しい言語にチャレンジしたく今の環境に飛び込んだので毎日が勉強ですね。

最近では、フロントエンド開発にも手を伸ばし着実にスキルの幅と報酬が上がってきています。

 

桃井さん (26歳女性) UIデザイン・週3でMidworks・リモート

midworks参画者の口コミと評判の画像

子育て中の私にぴったりな週3の案件を提案してくれて仕事ができるようになりました。

Midworksに参画して3週間です。エンジニア向けのサービスかと思ったらデザイナーの案件もあるようなので応募してみました。

コンサルタントの方が、私に子供がいることも考慮してくれて、あまりハードではない現場を提案してくれました。

 

長谷部さん (32歳男性) フロントエンド・週2でMidworks・リモート

midworks参画者の口コミと評判の画像

本業と副業で着実に年収をあげています。参画者同士の飲み会で情報交換もしています。

Midworksに参画して2ヶ月目です。週2のリモート案件なので、本業にも差し支えない程度に仕事ができています。

1ヶ月に一度飲み会も開いてくれるので他のMidworksに参画している方と情報交換が楽しいです。

 

ここからはさらに「Midworks(ミッドワークス)」のことを、深く説明していきます。

Midworks(ミッドワークス)とは?運営会社は?

Midworks(ミッドワークス)は、株式会社Branding Engineerが運営する、正社員並みの保障つきで 収入を最大に、リスクを最小に抑えてエンジニアの独立をサポート支援する転職エージェントです。

現在は主に関東圏の案件を扱っていますが、将来的には、大阪・宮崎への進出も検討しているようです。

ミッドワークスの画像

案件はSlerだけでなくweb系の案件をたくさん扱っています。

他のエージェントだとJavaが多い中、最近のPHP・Ruby・・Python・Unity・javascriptなどの案件が多くあります。

関東圏だけにも関わらず、案件数も3,000件を超えているので、あなたに合う案件を紹介してもらえます。

 

独立・フリーランスへの転職を考えているエンジニアは、まずは無料会員登録し、担当コンサルタントとの面談後、希望案件を紹介してもらえます。

Midworksの特徴を簡単にまとめました。

Midworksの特徴

  • スキルに見合った収入を定時
  • あなたが希望する働き方を実現
  • 適切な案件が見つからない場合は、予想月単価80%保証
  • マージン率が低い
  • 社会保険料の半額保証
  • 書籍、勉強会費も月1万円まで受け取り可能
  • 確定申告用、会計ソフトも無料利用可能
  • 長期的なキャリアサポート
  • 独占求人、非公開求人 約3,000件
  • 関東エリアのみ

最大の特徴は、保証制度。

一般的にフリーランスには保証がありません。福利厚生・社会保険料も自己負担です。

フリーランスになるのを躊躇している理由は、ここが大きく影響しています。

しかし、Midworksならその不安も解消されます

 

フリーランスへの不安が解消される、Midworks(ミッドワークス)のおすすめポイント

f:id:zabro_tan:20180215050855p:plain

給与保証がある

冒頭でも説明しましたが、Midworksでは想定給与の80%をもらえる給与保証制度があります。

Midworksからの契約が切れて仕事がなくなったときに、想定給与の80%がもらえるという制度です。失業保険のようなものですね。

マージン率が低い

一般的な有名なエージェントのマージン(仲介料)は、35%くらいです。100万円の契約であれば、65万円がエンジニアの給与になります。

しかし、Midworksのマージン率は、10%〜15%。100万円であれば、85万円がエンジニアの給与です。

Midworksであれば、20万円も多く収入を得ることができます。

さらにMidworksが信頼できるのは、このクライアント単価とマージン率を全て公開してくれます。他のエージェントは、普通教えてくれません。

一番大事なお金のことをしっかり公開してくれるMidworksは、信頼できるパートナーでもあります。

ポイント

Midworksは、他のエージェントよりマージン率が低いので、他のエージェントより多く稼ぐことができる。

福利厚生年間30万円相当を受けることができる

業界最大手のリロクラブと提携し、日本一の福利厚生制度(年間30万円相当)を受けることができます

保険の半額負担

Midworks経由で仕事をしている限り、社会保険料が半額(上限3.5万円)まで負担してくれます

また保険の負担・税金支払いのサポートもあるので、はじめてのフリーランスにとってもとても心強い味方になってくれます。

必要経由の支援

Midworksでは、必要経費支援書籍・勉強会費用を月1万円、交通費も3万円まで保証してくれます。

こんな制度、ほかにはありませんね。

帳簿作成ツール提供とサポート

さらにさらに、フリーランスに欠かせない帳簿作成。

そこも会計支援サービスの提供として、クラウド会計ソフトfreeeの無料提供や顧問税理士紹介50%OFFなどのサポートも充実しています。

 

まずは、ご自身の目で確認してみてください。

Midworks公式サイトへ⇒

 

Midworks(ミッドワークス)が選ばれる4つの特徴・強み

1、正社員時代よりも年収が平均200万円上がる!

Midworksに登録したフリーランスの前例として、正社員時代より平均200万以上上がっているというデータがあります。

年収が平均200万円以上上がる理由として、

  • 長期案件が多い
  • 安定した収入が見込める
  • 中間マージンが少ない

このような理由があります。

自分でクライアントと交渉していたのでは、年収200万もアップするのは容易ではありませんよね。

そこには、交渉のプロ【転職エージェントコンサルタント】の存在が不可欠です。

Midworksにて専属担当コンサルタントを味方につけ、案件紹介・収入交渉をサポートしてもらいましょう。

また、Midworksは短期案件ではなく長期案件が多いため主に6ヶ月以上の案件が多くあります。

フリーランスにとって長期案件は、先の予定が立てられる好条件ですよね。

2:収入はフリーランスと同等以上。高収入案件多数

f:id:zabro_tan:20180215050606p:plain

これは、Midworksにある案件の一部ですが、高収入案件が多いですよね。

これも企業の正社員ではなく、フリーランスだからこその金額です。

また、Midworksではマージンは10%~15%。クライアント単価は全て公開、と最初からすべて開示してくれます。

クライアントから直接案件を受注でき、受注金額も可視化されているため、働き手も不満なく働けますよね。

3:正社員のような保証を提供

Midworksは、フリーランスでも、社員時同様、年金・賃金・支払継続・保険等を受けることができます。

4:豊富な案件数

案件受注に関して不安がつきもののフリーランスに対して、Midworksでは、豊富な案件を保有しているため、仕事に困ることがありません。

このような収入面と働き方についても担当コンサルタントと相談しながら、よりよいフリーランスを成功させましょう。

 

では、Midworksにはどのような職種案件があるのか見ていきましょう。

Midworks(ミッドワークス)で受注できる職種案件

職種別案件数

職種 案件数
システムエンジニア 735
デザイナー 341
クリエイター 341
企画 309
ゲームクリエイター 294
インフラエンジニア 326
マーケティング 309

あなたの希望職種案件があるか、ぜひチェックしてみてください。

希望案件があるかチェックしてみる

 

ここまでくると、実際の登録方法が気になる人もいると思います。

 

ここからは登録方法をみていきましょう。

Midworks(ミッドワークス)への登録方法は、web登録のみ!来社面談不要!

Midworksは、オンライン登録後、電話もしくはメールにての本人確認のみで登録完了です。わざわざ来社しての面談も不要です。

転職エージェント登録においてよくあるのが、「登録後、来社して面談を受けなければいけない」という決まりです。

Midworksは、web登録のみ!電話もしくはメールにて本人確認のみ!

これだけ登録完了です。 その後、メールや電話でのやりとりの後、案件紹介から商談へとすすみます。

 

では、実際にMidworksには、どんな人がおすすめなのでしょうか。

Midworks(ミッドワークス)はこんな人におすすめ

実際にMidworksに登録している人の統計から、おすすめをご紹介します。

性別

男性 女性

とっても
おすすめ

とっても
おすすめ

年齢

〜25歳 26〜35歳 36歳〜

おすすめ

とっても
おすすめ

おすすめ

フリーランス経験

〜1年未満 1年〜3年 3年以上

とっても
おすすめ

とっても
おすすめ

おすすめ

 

ちょっと待ってください。

Midworksでは、プログラム未経験の人は登録できないのでしょうか

Midworks(ミッドワークス)は未経験でも登録できる?

Midworks(ミッドワークス)は、フリーランスとしての働き手を紹介しているため、プログラム未経験の人では、仕事がこなせません。

SEやエンジニアなどの実務経験があり、独立してフリーランスに挑戦したい!というあなたは大丈夫です。

しかし「全くの実務経験なしでエンジニアに挑戦したい」という人は、残念ながら案件紹介は断られてしまいます。

そんな、まったくの未経験でIT業界にチャレンジしてみたいあなたや、業界に興味を持っている新卒・第二新卒のあなたには、同業種の転職エージェント「ワークポート 」「就職shop」への登録をおすすめします。

ワークポート:未経験業種への転職の味方

ワークポート」は「はじめての転職」や「未経験の業種への転職」などの紹介に強い転職エージェントです。

選ぶなら、ナンバーワン。|総合転職エージェントのワークポート

就職shop:書類選考なし!ニートの味方

就職shop」はニートからも就職できる、書類選考がない面接のみの転職支援サービスです。

ニートの強い味方「就職shop」についてはこちらでまとめました

www.zabroow.com

また、未経験や第二新卒でもやる気さえあれば、今ではオンラインでプログラムを学習することができます。

事前準備をしっかりし、挑戦するのも無駄ではありません。むしろ、これからはAIなどのIT化がさらに進み、エンジニアの職種が増えるチャンスです。

では実際にMidworksに登録し案件紹介後は、どのような変化があるのでしょうか。

 

Midworks(ミッドワークス)は、女性エンジニア・プログラマーにこそおすすめ

育児・出産・子育てを終えた主婦としてのキャリアのことも、Midworksは考えてくれています。

f:id:zabro_tan:20180215050820p:plain

Midworksは、女性エンジニア・プログラマー・デザイナーのために、

  • 出産のため、一時的に休職が必要
  • 育児のため、一時的に休職退職が必要
  • 子育て後には、もう一度働きたい

このような悩みも相談するのにMidworksは最適です。

「SHEworks」「SHElikes」サービスを無料で利用できる

f:id:zabro_tan:20180215051017p:plain

SHElikesは「私だけの好きを見つけるためのレッスンクラブ」です。

プラン毎にキャリア・ライフスタイルなど様々なジャンルのレッスンを受講可能で「成長したい・新しい自分になりたい気持ち」を形にできます。このサービスが無料で利用できます。

f:id:zabro_tan:20180215051041p:plain

SHEworksは、21世紀を生きる女性のためのコワーキングスペースです。

女性エンジニアはIT人材の中でもかなり母数が少ないですから、同じ技術職としての友人・知り合いを見つけるのにも使えます。

 

正社員や契約社員と「フリーランス」はどこが違うの?

最後に、正社員や契約社員とフリーランスの違いを説明しますね。

Midwoksでのフリーランスの場合は、企業とあなたが直接雇用契約を結ぶのではなく、企業とあなたの間にMidworksが雇用主として介在します。

このしくみによって、次の3つのことが可能になります。

1:正社員同等の保険等のサポート

社員時同様、年金・賃金・支払継続・保険等を受けることができます。

2:専任スタッフによるキャリアサポートが受けられる

IT業界専任の担当者が、お仕事選びからあなたをサポートします。

3:給与の支払いや社会保険への加入は、雇用主であるMidworksから。

実際のお仕事の指示や勤怠の管理は就業先となる企業が行いますが、就業条件の確認や雇用契約の締結、給与の支払いや社会保険への加入は、雇用主であるMidworksが行います。

 

まとめ

まずは自分に合ったどんな案件があるのか聞いてみましょう。断るのはそのあとでいいんです。

なにもせず、ただ悩んで考えているだけでは、今のままです。

まずは、行動あるのみです。登録するだけで、あなたの人生が変わります。

Midworks 簡単30秒 無料登録はこちら


人気記事はこちら



Copyright© ムビログ , 2018 All Rights Reserved.