ザブローの真面目って言うな!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザブローの真面目って言うな!

雑記ブログをつらつらと書いております。

2017版:RSSリーダー【feedlyフィードリー】の超簡単な使い方をまとめたよ!

feedly画像01

サイン・コサイン・タンジェント・ザブローです。

 

みなさん、他の人のブログチェックってどうやってますか?

ぼくは、
・Twitterからみたり
・はてなの購読中のブログからみたり
・ブラウザのブックマークからみたり
と正直、めんどくさい!!

 

そこで、最近になってやっとですが「feedly」という神に出会いました。
「遅っ!」と笑ってやって下さい。

 

そこで「feedly」の簡単な使い方をご紹介します。

・まだ使ったことがない
・英語サイトしかないのでよく分からない

という方は是非参考にしてみてください。とっても簡単です。
そして、ブロガーの情報収集は、これひとつで簡潔できます。
超オススメです!!スマホ版もほぼ同様です!

 

 

feedlyって?

まずもってfeedlyって何?何て読むの?からですが、「フィードリー」と読みます。wiki先生によると

FeedlyとはいくつかウェブブラウザやiOSとAndroidの携帯端末に対応しているニュースアグリゲータアプリケーションである。インターネット上の数あるウェブサイトのニュースフィードを収集し他人と共有することができる。https://ja.wikipedia.org/wiki/Feedly

とあります。

 

にゅーすあぐりげーたあぷり?

 

ニュースアグリゲータアプリケーションをwiki先生に聞くと

フィードリーダー(feed reader)、またはフィード・アグリゲーター(feed aggregator)は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・購読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。フィードのファイルフォーマットとしてRSSが先行していたことから、現在でも「RSSリーダー」と呼ばれることが多い。英語圏では「news reader」や、単に「aggregator」と呼ばれることもある。https://ja.wikipedia.org/wiki/フィードリーダー

繋がりました。

feedly=RSSリーダー

ということですね。
簡単に言うと、feedlyは自分でカスタマイズできる情報雑誌のようなもですね。

 

feedlyの使い方

さっそく使い方を紹介していきます。
サイトにアクセスしアカウントを作りましょう。

https://feedly.com/i/welcome

 

feedly画像02

こちらの「GET STARTED FOR FREE」をクリック。

すると、どのアカウントでログインするか聞かれるので、任意の物をクリック。ぼくはgoogleからログインしました。 

feedly画像03


まだ何も登録されていないので、このような画面になっていると思います。

 

feedly画像04

ここで、赤枠の中に登録したいサイトのURLを記入もしくはコピペします。名称でもいけますが、ぼくのサイトではURLしかだめでした。

試しにこのブログをフォローしてみます。

http://www.zabroow.com

と入力。

 

feedly画像05

すると検索結果が下に出るので、「FOLLOW」を押してフォローします。

するとこんなポップアップが表示されます。

 

feedly画像06

これは、あとで見やすくする為のフォルダーを作ります。
「CREATE A COLLECTION」をクリックし、下記のように枠内にフォルダー名を記入し、「CREATE」。

 

feedly画像07

すると、画面左にフォルダとサイトが追加されましたね。

 

feedly画像08

これでこのサイトが更新される度にfeedlyで購読できるようになりました。あとはお気に入りのサイトをどんどん追加していきましょう。

 

どうやって見るのか

では、実際の使い方です。使い方は簡単です。

①この画面左メニューを常に表示か隠すか

②今日の新着記事

③フォルダー別記事

feedly画像09

②または③を押すと、記事が表示されるので見たい記事をクリック。
このように表示されていると思います。

 

feedly画像10

表示方法も3種類から選べます。

「Today」横の下三角をクリックするとこのようなリストが出てきます。

 

feedly画像11

Title-only view

feedly画像12

 

Magazine view

feedly画像13

card view

feedly画像14

好きな表示で楽しみましょう。

 

あとで読む機能の活用

登録サイトが増えてくると記事を読みすぎて「あのためになる情報書いてた記事どれだっけ?」なんてことないですか?ぼくは「あとで読む」機能を使って残しています。
この記事の左上にあるリボンのようなアイコンをクリック。

 

feedly画像15

すると画面左「Read later」に記事が登録されます。
ブックマークのような感じですね。記事を読み終え、不要になったら再度リボンアイコンを押すと、解除されます。うん、とっても便利。

 

feedly画像16

 

フォルダ名変更やサイト変更

 フォルダ名やサイトの削除、フォルダ移動も簡単に出来ます。
画面左のギアのようなアイコンをクリック。
ここでフォルダ名変更は「鉛筆マーク」、削除は「×」

別のフォルダへ移動は、サイト名をドラックアンドドロップ。

これだけです。

 

feedly画像17

 

注意点

feedlyを使う上で注意点を1つみつけました。
画面左からAllを選ぶとすべての記事が表示されると思います。
その「All」の横にある下三角から表示や順序を帰れるのですが、その下「Unread only」

その名の通り、読んでいない記事だけ表示
すなわち既読記事は表示されない、という機能です。
これは、よしあしあると思うので注意してください。

feedly画像18

 

デメリット

こんないいfeedlyにも1点デメリットはあります。それは、

タイムラグがあること。

さすがにTwitterや他のSNSにはスピード勝負は出来ません。
feedly画面上にある更新ボタン。

feedly画像19

これを押してもフィードは更新されません。
これはすぐ上で記載した「Unread only」にチェックが入った状態で、記事を読むと表示されなくなりますが、すぐには消えません。そんな時にこの更新ボタンを押すと、既読の記事を瞬時に消すことができる、というボタンです。つまりフィードの更新とは全く関係がありません。

feedlyの更新頻度は、1時間に1回という情報があります。
この辺りをぜひとも強化してもらいたいですね。

デメリットは、これだけです。

まとめ

いかがですか?簡単でしょ?

これで自分が興味のある情報チェックは、これさえ見れば簡潔できますね。
なんて便利なんでしょう。もっと早く知っておけばよかったです。

まだ導入されてない方は、是非オススメですよ。

 

よければfeedlyでもフォローよろしくです!!

follow us in feedly

このボタンの作り方はこちらで紹介しています。

 

今日はここまで!
ご視聴ありがとうございました!!

 

よろしければ、フォローお願いします。

こんな記事も書いています。

スポンサーリンク