ムビログ

動画を中心にカメラ・撮影・編集について 紹介していきます。

映画【メッセージ】「ばかうけ」で弄らず、ちゃんと観ようって話

https://i.ytimg.com/vi/1GMGMzHRE4Q/maxresdefault.jpg

隙あらば映画が観たい、映画ジャンキーザブローです。
こんにちは。といっても、ぼくの頭の記憶容量が100MBないので、すぐ忘れます(笑)

昨日公開「メッセージ」!!

朝一番で観てきました!早速レビュー開始!!

【メッセージ】予告編

まずは、予告編をごらんください。

と、言いたいところですが、ぼくは【映画予告は観ない派・会長】なので、予告編はここには、出しません。だって、予告編って、いいところばっか出てるし。
今回も、本編観た後で今、予告編初見でしたが、やっぱいいとこばかり。予告観てたら、がっかりするとこでした。

ので、みなさんに【映画予告は観ない派】入会をお勧めします(笑)

 

宇宙船が「ばかうけ」に似ている問題

映画公開前から、この話題が持ちきりでしたね。

これが、これにしか見えない(笑)

http://corobuzz.com/wp-content/uploads/2016/10/mbut.jpghttp://corobuzz.com/wp-content/uploads/2016/10/mbut.jpg

監督の耳にまで入り、監督もこのリップサービス(笑)


宇宙船がばかうけソックリ!『メッセージ』監督からのメッセージ映像

 

ポスターに隠された「セ」

こちらのポスターを見てください

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/85583/photo/178447f10bcc4f9f/320.jpg?1489028099

「セ」だけフォント(文字の種類)が違いますよね。
「セ」だけ明朝体になっています。

ただの印刷ミスではなく、配給のソニー・ピクチャーズは

作中の“メッセージ”をイメージして、「一見して分かるような意味ではなく、その先にある深い意味を表現している」

 理由は明らかになってないけど、日本版だけの独自デザインのようです。いい遊び心。Twitterで拡散しちゃいますよね。

 

メッセージってどんな映画?

映画「メッセージ」は、テッド・チャンの有名SF短編小説「あなたの人生の物語」をベースとした作品。突如出現した巨大な飛行体に全世界が混乱するなか、言語学者のルイーズが“彼ら”がどこから何のためにやってきたのかを知るために、その言語を解読し探っていく物語

宇宙人対人類の、ドンパチした戦争映画を観たい人には、全くもって物足りない映画です。戦争シーンはひとつもありません。

"相手の言語を探っていく"

ただひたすらにこのことを中心に進んでいきます。

第89回アカデミー賞で品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、美術賞、録音賞、音響編集賞の8部門にノミネートされ、見事音響編集賞に輝いた本作。異星人とのコンタクトという決して目新しい手法ではないけど、文字通り、誰の人生にも生きる希望を灯す感動的な作品。間違いなく、今年の最重要作だと思います。

 

初見ではクライマックス怒涛の展開に「ちょ、ちょ待てよ!」と驚き&戸惑いを覚え「今まで見たことって、何なんだろう?」「もう1回見たい!」とすぐさまリピートしたくなるはず。

 

実はこれぞ、『メッセージ』の大きな魅力であり、最近のアクション重視なSF映画とは大きく違いますね。ちょうど、エイミー・アダムス演じる言語学者が地球外生命体との“対話”を重ねることで、少しずつ相互理解を深めていくように、『メッセージ』という映画そのものも、観客が1度目より2度目、2度目より3度目と“対話”を重ねることで、映画から受け取るメッセージもより深いものになるよう、計算され尽くされているのだ!ぜひ、映画館で鑑賞してほしい。

 

 

今日はここまで!
ご視聴ありがとうございました!!

よろしければ、フォローお願いします。

follow us in feedly

スポンサーリンク